FC2ブログ

狩猟フォーラム 高知県 H30

foram.jpg

先日 所用で香美市の高知工科大を訪問した。

学生の頃は勉強が嫌いでクラブに熱中していたが 不思議とこの年になって学習意欲が少し湧いてきた

かと言ってボケ始めた振れば カラッ と乾いた音がするくらいの脳みそでは受かる学校は無かろう


昼を過ぎて 少し余裕のできた学食に向かい チキンカツとご飯 みそ汁に 豆腐で400円少々

学生に交じって美味しく頂き 掲示板をふと見ると 興味の琴線に触れる 狩猟の文字

良く読むと 高知県主催の狩猟フォーラムがこの高知工科大学で10月8日に行われるらしい

狩猟フォーラムと言えば 環境省主催で行われるものと県主催で行われるものが有るのか?

それとも環境省から地方自治体に主催の移行が有ったのか?

高知県ホームページから



2016年の  狩猟フォーラムin香川  では敬愛するハンターが講師として講演として参加されていた

昨年も高知工科大で行われた狩猟フォーラムに高知クレーで行われた月例会の後 見に行ったが試食は尽き 犬用のシカジャーキーしか残っていなかったのが残念

それでも松尾商店のおばちゃん(社長夫人)と話をして ミロクの方にライフルのボルト分解ツールを作れとリクエストし 疑似狩猟ゲームで遊ばせてもらったり

可能であれば 今回は13時開始に間に合うように行って 他の人がどのような猟をしているのか知りたいし 料理の味付けが自分とどう違うのか試食をしてみたい



高知県が毎年県主催で狩猟フォーラムを開催するのは 狩猟者を増やしたいと言う意向があると思うが 新規で始める狩猟者のフォローは必要だ

高い狩猟登録税と保険費用を使い 全く獲れませんでしたでは翌年の登録者減は避けられないだろう

という自分も 初めて狩猟者登録をした年は何も獲れなかったし翌年単身赴任で米子で勤務し M師匠と出会って一緒に出猟しカモ猟から始まり キジ ヤマドリと猟を教えてもらい  シカは自分で嫌と言う位山に入って調査を行ってやっと獲れるようになった

高知では昨年 県の保護計画からシカの付場の下見に入ったが 1頭も出会いは無かった

15年以上猟をやっていて 坊主ですよ

自分の猟法は地元ではシカの忍び猟  高知では全く猟場が分からないのでもっぱら流し猟を行ったが上記の通りだった



今から猟を始めようかと思っている方

罠の場合でも新規で始める方は所場でもめるかもしれないし 銃の場合はやはり安全な銃の扱いが出来なければ誰も猟には誘ってはくれない


でも 心配無用 自分の場合 狩猟免許は全種もってはいるが登録は銃のみ

そして 普段は 高知クレーの月例会に参加し 月一回100個程撃つだけだが知り合いも出来た

この夏 ここで知り合ったM氏が鮎釣りの師匠になってくれた

冬場の月例会は会員さんが獲ったイノシシでシシ鍋が振舞われるし(絶品です)

フォーラムで興味を持った方は 是非 高知クレーにいらっしゃーい

自分を含むジジどもが気さくに相手をいたします

銃の扱いには厳しいけれどね






 




スポンサーサイト

未来の星

クレー射撃の強化指定選手 「東京五輪とその先目指す」 伊賀市・脇屋昴さん
2018年9月17日 748

 クレー射撃で、日本オリンピック委員会の強化指定選手に認定されている、伊賀市上野西日南町の会社員、脇屋昴さん(28)。昨年、全日本選手権で優勝、国民体育大会で準優勝するなど活躍を続けている。【練習の合間に笑顔を見せる脇屋さん=伊賀市蓮池で】

 クレー射撃とは、散弾銃を用いて空中を飛ぶ素焼きの皿(クレー)を撃ち落とすスポーツ競技。脇屋さんが取り組む種目「スキート」は、クレーが1枚、あるいは2枚同時に射出される。1枚に対して1発、2枚同時の場合は2発撃つ。8か所の射台から順に1ラウンド25枚を4ラウンド行い、撃破した枚数で勝敗を決める。

 脇屋さんは20歳で射撃を始めた。狩猟を始めようと思い免許を取得し、散弾銃所持許可を得た。その際、実技試験で初めてクレー射撃を体験し「面白い」と競技にのめり込んだという。広島県呉市出身だが、今年5月に「トップアスリート就職支援事業アスジョブみえ」の制度で伊賀市の上野ガスに入社、仕事と競技を両立しながら2020年の東京五輪や21年の三重とこわか国体を目指している。

 4月から10月までのシーズン中は、ほぼ毎週公式大会に出場。試合の無い時は同市蓮池の県上野射撃場で練習する。3年前からは、昨年国体で優勝した折原研二さん(45)の指導を受けに栃木県まで通うこともあるそうだ。【昨年の愛媛国体での脇屋さん(本人提供)】

 「昨年初めての海外試合(アジア大陸選手権)に参加した経験が大会優勝に大きく生きた」と脇屋さん。国内予選で選ばれ、3月にメキシコ、4月に韓国であったワールドカップにも参加した。10月に福岡で行われる全日本選手権での2連覇が次の目標だ。

 「クレー射撃は技術と経験が生き、年齢を重ねても続けられるスポーツ。東京五輪も、その次も、そのまた次も目指す。常に挑戦し自分の可能性を試したい」と力強く語った。

2018年9月8日付731号1面から

googleの記事より

写真付きは こちらから




仕事の待ち時間 ipadでgoogle記事を見ていると

見覚えのある 名前と顔写真

アレ 脇屋君?

住所が違うけど ??

記事を読んで納得

練習のできる環境に移った訳だ


彼とは少しだけ接点が有る

彼が呉猟友会に入り 猟友会の行事で広島国際射撃場で出会った

その時は彼は所持許可を得たばかりの20歳だった

呉のO氏や他 先輩方の指導で メキメキと頭角を現し すぐに西クレの公式戦に移って行った

彼は 自分の事はおぼえていないだろうが 自分は彼の無口ではにかんだ笑顔を覚えている

公式戦で活躍し始めた頃 射場で一緒になったことが有る

その時の彼の射撃は クレーの放出口を見ない センターポール付近に視線を置いていた

クレーの放出は音で分かるし 視界にクレーが入ってくると自然と撃つ場所が決まるらしかった


こう言うのって天性のものだと思う

自分の様な凡人才能無しが真似をしても 当らないだろう

彼は当時から 東京オリンピックに出たい と言っていたから 実現に近づいたようだ


夢に向かって 環境を作っていくなんて中々出来るものではない


是非 東京オリンピックに出てもらいたいものだ

そして日の丸が掲揚される所を見てみたい

法律の関係で アメリカや他の国に比べ 射撃を始める環境に不利な状況だが

その才能と努力で是非 勝って貰いたい


私は君を応援している


広島県の鉄砲撃ちが

日本の多くの人が

君を応援している





狩猟に備えて



レミントンM870を廃銃にして新しく許可になった ベレッタA300 outlander

何度か射撃に使ってみて 感じた事

引き金が遠い

意識してグリップの上を握れば問題無いのだが いつも通り何気なく握ると引き金が遠い

かろうじて指先が掛かる感じ セーフティーの解除は無理

DSC02846.jpg

使い慣れたミロクSP7000とグリップ周りを比べると

DSC02852.jpg

引き金とグリップエンドの距離はあまり変わらない

違うのは銃床のグリップの角度

DSC02854.jpg

実際 ミロクも銃床は若干長く気持ち的には1cm切り詰めたい感じだが 肩付けをしっかり意識すればあまり問題は無い

ベレッタA300の方が角度が浅く同じように構えると引き金が遠い

猟場でとっさに撃つ時 安全装置にこの指が届かなければ 発砲は無理


実際は銃床が若干長いがここは加工すると後が面倒なので目をつむるとする


DSC02855.jpg


今季余りにもヤマドリが獲れなかったら 銃床を1㎝切る事にしよう

最初の問題は指が届かない事なので

銃床にラップを巻いて


DSC02848.jpg



木工用のエポキシ樹脂でグリップを加工することにした

DSC02849.jpg


若干硬化速度の遅いボディーパテを使い 良くこねた後グリップ内側に張り付け 構えやすいようにグッと握った


使ったのはキッチリ半分の量

DSC02850.jpg


ちょっと角度が甘い気がするが グリップにカモフラテープとこのエポキシ餡子を巻いて握りやすくするつもりだ


そしてもう少し弾数をかければ今季はヤマドリにとって災難の年になるだろう


と 妄想して 獲れてもいないのに 一人ニヤニヤしている

災害は続く



7月からの中国四国地域の土砂災害に続いて 台風 地震と災害が続く


災害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます



先日の台風21号は 25年ぶりの 「 非常に強い勢力 」 らしく おまけに高知のど真ん中を通過する可能性が有ったため 今度は本当に来ると思っていた


1991年 平成3年の台風19号(りんご台風)では 宇部市で作業をしており すぐ近くを通過したようだ

停電に備えて屋上の発電機に燃料を足そうとしたが 燃料のキャップを開けた瞬間 燃料が給油口から霧のようになって飛散し いくら燃料を足そうが無駄になってしまった おまけに 眼鏡までも吹き飛ぶ始末 屋上から落ちないうちに退散した

この時はまだ強風域だったはず

その夜はホテルが停電で真っ暗

翌朝は 近隣の民家屋根に設置されていた 太陽熱温水器 「 ゆワイター 」 がことごとく吹き飛ばされているのを見た

1999年 平成11年の18号では アマチュア無線の2アマ合格に浮かれて屋根に上げた2m 7エレと430 12エレの八木アンテナ HF用のダイポール ローテーター付きのアンテナがコケ 瓦は割るは 隣の家に転がり込むはで大騒ぎだった


これら自分が受けた事のある台風の怖さを思い出し アパート暮らしだから特に何かをした訳ではないが 空いたペットボトルと薬缶に水を確保し 気持ちだけは準備した


幸いなことに 進路は少し東にそれたため 大きな被害は無かったが 関西は大変だ


kannkuu.jpg

毎日新聞より拝借

風と高潮の被害がすごいことになっていた 関空は 何時になったら復旧できるのか?




そして北海道は 台風はが過ぎたと思ったらすぐに地震

長雨の影響だと思うが 土砂崩れがひどい


おまけに停電

道路や鉄道も動かない

家屋に被害が無くても電気が無いと生活に支障が大きい

ポンプも動かないので水の確保が難しくなるし 食料の保存・確保が出来なくなる

医療もストップだ


復興の費用ってどのくらいかかるのだろう?

おかしな国のせいで防衛費は増すし また赤字国債増えますよ

消費税10%じゃ足りないと 15%位になったりして

本気で無駄な予算の削減をする必要があるんじゃないですか?



この先 自然災害は増えることは有っても減ることは無いだろう

南海トラフも控えているし 火山の大規模噴火も有るかもしれないし

一応 最小限の備えと 心の準備だけはしておこうと思う

しっかり準備をしておけば 何か起きても足元をすくわれる事は無いだろう


土砂崩れて足元が無くなってしまえば元も子も無いけれど




長女夫婦 来高



ちょっと前になりますが 東京から 長女夫婦は高知へ遊びに来た

そのちょっと前からカアチャンも高知に来て長女夫婦を迎える準備

自分は仕事で休めなかったため 根場所と車付きで好きに遊んでもらった

高知のアパートを2泊3日の根城にして 一時的に車の保険も追加変更


到着日は桂浜などの近場を回ってもらい

カアチャンの下請けで 

DSC02502.jpg


唐揚げや

DSC02501.jpg

ジャンボ春巻き

他 諸々を作った  (うちでは揚げ物はほとんど作らないので手作りは珍品に相当する)

翌日は 室戸まで行ったようで 夕方合流してひろめ市場で食事


婿さんは余り飲めないので 自分は一人黙々と飲む

カアチャンと娘夫婦は 彼らのお土産の バームクーヘン

DSC02503.jpg



少し前に 立ち寄った 道の駅 霧の森 で買った

DSC02369.jpg

霧の森大福をむしゃむしゃと食べ比べていた

霧の森大福は 冷凍を購入し 保管も冷凍

DSC02837.jpg


食べる前に冷蔵庫でゆっくり解凍するが 自分としては 半解凍のルイベ状態が好み

時間が経つと 抹茶の風味が抜けてしまうので 冷凍していてもできるだけ早く食すのが良いようだ


3日目は バタバタせずにのんびりと荷物の片づけをして東京に帰った様だ

彼らが自分が高知に居る間にまた来ることは無いだろう


それは


この冬 リアルジジイに俺はなる! という事


エコーは見せてもらったがまだ性別は分からない

自分の期待は男のコ

カアチャンは孫の世話に長女の家に居座ると言っているし

自分は 11月14日から2週間の夏休み

自宅に帰り 友と山鳥とシカ撃ちに頑張るつもり

出産直後に男は邪魔なだけ

落ち着いたらゆっくり見に行くつもり



まずはおめでとう

今の願いは 無事元気な子が生まれて欲しいだけ





プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR