FC2ブログ

狩猟解禁準備




11月の某日 正午ピッタリに 空き時間で猟友会事務局を訪問

そして高知県と広島県の狩猟者登録を受け取り 書類等を確認

昨年支給された帽子とベストは 使われた蛍光剤の関係で紫外線による退色が有ると言う事で 交換無しで新しいベストと帽子が配布された

配布された資料だが県猟高知と狩猟者必携(白い表紙)は共に厚みが5mm以上ある立派な製本

県猟高知はカラー製本で高知県猟友会の会報

県警 関係省庁 事務局からのお知らせや会員からの投稿 今は無くなった 「 狩猟界 」 をちょっと思い出す

白い製本の狩猟者必携は捕獲したシカやイノシシの報奨金請求書から始まり保護区 猟法制限区の詳しい記述 捕獲記録に入林届と滅茶苦茶親切


猟に使うバッグの中身を確認し レーザー距離計や GPSの予備電池 ナイフの砥ぎ直しを行う

DSC03088.jpg


初日は 友とヤマドリ猟を予定

犬たちは元気だろうか? 新入りの若イヌの名前が思い出せない

電気 ガス 水道の止まった 自宅で 一週間のキャンプ生活が始まる

トイレが困るので 水だけはこっそり栓を開くか

さすがに部屋の中なのでテントは張らないが 薄いエアーマットとシュラフで寝ることになる

5号の弾と スラッグも買った 経験者講習と技能講習の申請もした

お金まだ 残ってたっけ?

これだけが不安


スポンサーサイト

第23回 スポーティング四国選手権参加

IMG_0010.jpg


11月3日 徳島一宮射撃場で第23回 スポーティング四国選手権が開催された

本来9月30日の予定だったが 台風の為延期になったのだ


前日の11月2日 仕事に問題はなく少し早く店じまいして明日の用意をしておこうと17時に自宅駐車場に車を停めたとたん

携帯に着信音

こんな時 大体良い思いをした事が無い

案の定 会社からで 自宅から1時間以内の現場に行けとの事

仕事は順調に終わった為 23時には帰宅できた

忘れもの無いように 所持許可 ベスト を玄関先に出し 着ていく服の周りに弾入れ 銃袋を並べた


翌日5時前に起き出し 前日買っていた菓子パンとコーヒーで軽い朝食を済ませ 5時半に家を出た


途中 吉野川SAで休憩を取っていると 鮎師匠到着

朝焼けがきれい

遅れていつものメンバー到着し

そろって出発

一応 ナビには登録しているが 射撃場はえてしてヘンピな所にあるので 知っている人について行くのが間違いない

8時半の受け付け開始には 十分余裕で到着

IMG_0011.jpg


自分の射団を確認したり トラップ スキート 空気銃の覆道式射場を覗いたりで各々開会式までの時間を潰した

開会式後 トラップの組(奇数組)とスキート組(偶数) 各4射団に分かれ競技スタート 計43名

トラップは5mのダブルトラップから始まった

IMG_0012.jpg

午前中はバックが暗いのでクレーが見やすく まずまずのスタート

ただ いつも通り低いのが取れなかった

10mは相変わらずの下手


トラップは流れるのが早いので 早々に終わり スキートの組が終わるまで 早めの昼食となった

IMG_0013.jpg


スキートは背景がクレーのオレンジと溶け込み クレーが見辛い

IMG_0018.jpg

今回 結構スコアー付を手伝ったが ちょっと気を抜くとクレーを見失い アレッと言う事が何度も有った

こう言う時ってサングラスは有効なのだろうか?

自分は元々ド近眼なのでサングラスをすることが無いのだが

近中用の多重焦点の眼鏡をかけたり今回はそのまま 運転眼鏡で競技をしたが

選手の中では黄色のレンズ 濃いグレーのレンズ 赤いレンズが多かった

さて自分のスキートだが いつもより2枚ほど少なく 前半での取りこぼしが痛かった


結果は

Wトラップで少し稼げたおかげで 74枚/100枚

17位

IMG_0025.jpg


数ある賞品の中から

焼酎 二階堂900mlをお持ち帰りとなった

団体は3位      早い話 ドベ(愛媛が参加しなかったため)

それでも第3のビール2本を分配された


行事終了は4時

思ったよりかかってしまった



最近は スコアー悪くても練習しようと言う気は無くなった

50肩で痛む左肩のせいと言う訳ではないが (ひどく痛む時は処方されたボルタレンを飲む)

身体機能が落ちてきたと感じる中 素晴らしい成績を上げる年長者など 才能と若い時の努力で力を維持していると思っているし あくまで安全な取り扱いが出来たか? 何故失中したかを考え 行事に参加したことで広がる顔見知りと雑談したり

そういう 利害関係のない付き合いを楽しく感じ

鮎にしろ イノシシにしろ 獲物を獲ると言う 目的の中で 雑談の中から その人の人となりを知ろうして 自分がこの地域の猟師として彼らと行動できるのかを探っている

言葉の壁は結構厚い


得体の知れない物  画像注意



冷蔵庫の奥から小さなタッパーに入った何かが出てきた

一瞬 腐った物かと思ったが 匂いを嗅いで 腐ってはいないと判断した

カアチャンか子供が見たら無条件にゴミ箱行きと思われるシロモノ

一般にはウルカと言われるもの

数年前に 同僚から頂いた落ち鮎の卵を使って作ってみたが

この時は何もわからず 塩分30%ほどで作り しょっぱいだけの物になってしまった

匂いも美味しそうな匂いではなく タッパーのプラスチックくさい感じで インスタントラーメンの味付けとして少しづつ使ってやっと無くなったと言う失敗作

今回は釣りたての鮎で内臓に少し身を混ぜたもの

使ったのはきれいにしごいて中身を出した腸と胃の部分を使用し 塩分はおおよそ5%

最初の数日は冷蔵庫から出して混ぜたりしていたが 3日くらいで冷蔵庫に放置となっていた


8月に仕込んだ物だが 久々のご対面

恐る恐るふたを開けて匂いを嗅いだが 

それなりに発酵した匂い

少しだけつまんで見たが そんなに塩辛くも無く 内臓特有の苦さも無く

酒の肴にはなりそうな予感


DSC03027.jpg

今のところ 腹痛は無いのでおそらく大丈夫と思う

次は熱燗で もう少しつまんでみるつもり

しかし ウルカは作るのメンドクサイ

内臓を全部使えばもう少し量が増えると思うが 中を奇麗にしごけば量がとても少なくなるし

脂肪で手はヌルヌルになる


珍味と言えば珍味だが アユは塩焼きか 甘露煮で今の所 十分満足している

オーテピア訪問




2018年7月にオープンした オーテピア  

日曜市のついでに訪問した

気持ちの良い晴天

朝7時前に車で行って県庁の駐車場に停めて と考えていたが

折角の天気なので歩くことにした

帰りを考えて荷物は電話と財布だけ 足元はSCARPAの登山靴で固めた

8時前に自宅を出て 日曜市でチョコチョコと買い物

唐辛子 ナス 銀杏 魚の干物を購入

途中 柚子餡の二重焼を食べたが物足りず 

ひろめ市場へ

DSC02968.jpg

野菜天うどんと土佐巻 土佐鶴2合で腹ごしらえ


休日の朝から飲める幸せを味わい 目の前の オーテピアへ

1階は点字と 音声朗読のエリア

2・3階は図書館で 2階は児童文学 文学 参考書など

DSC02970.jpg


3階は自然科学や社会分野 地域の歴史など


とても広い

3階で 高知の狩猟に関する本を読んでいたら 酔いが回って来たのか眠くなってきたため5階へ移動

この階はプラネタリウムと科学展示

DSC02971.jpg

ここは子供だけではなく大人も楽しめる

化石 や 

DSC02972.jpg


剥製

DSC02974.jpg

ミサゴ(オスプレー)


DSC02975.jpg


アカメ


クジラのひげを動力にした

DSC02973.jpg

からくり人形


他 体験型の滑車の原理や 音叉 パイプ楽器?

で遊んで眠気を払い

中央公園へ向かう

オーテピア5階のエレベーターホールの窓は

偏向ガラスのステンドグラスで

パッと見は 薄い色彩のガラス窓

DSC02978.jpg

十分綺麗だが そばにある偏向レンズを通すと

DSC02977.jpg


色彩が変わり レンズの角度で気濃さが変わってくる

原理は分かっていても 大きなガラスで見ると 楽しい

DSC02979.jpg


中央公園では

もくもくエコランドと言う催しをやっているので ちょっと冷やかしに

ログハウスを見たり 榧木(かやのき)のまな板を見て買おうか本気で悩んだり

ヒノキのおがくずを詰めた 消臭クッションを貰い ヒノキのサンダル300円を購入


ここでも じびえまんと 豚串を食べ

最後に寄ったのがペレットストーブのブース

山に小屋を建てたらこんなの設置したいなと 夢のまた夢を見ながら

テーブルには木っ端で作った動物や恐竜の人形

何故か惹かれるものが有り イノシシ親子を 購入

1000円也

DSC02982.jpg


歩いて自宅まで帰り 到着は1時半

5時間半の遠足だった

それでも自宅から1時間かからずで市内中心部まで行けることが分かったし

ウォーキングのつもりで市場に行こうと思う

車では無いから 一杯ひっかけても問題無いしね


しかし

イノシシの人形 たぶん自分でももっと上手に作れるような気がしてきた

この冬 小さなのを何体か作ってみよう

内職に出来るかも



月例会で



10月の月例会

いつもの様にフィールドで参加

今回はアンコを入れた自動銃を試してみた

猟期も近いし 早くこの銃に慣れる必要もあるし

一応 上下2連も用意して


スキートからスタート

銃床が長いのでどうしても頬付けが甘くなってしまうのと 軽いので体の回転を意識しないと手撃ちになってしまいそう

グリップに関しては自分の手に合わせて作ったアンコなので全く違和感無しで握ることが出来る

スキートに関しては 2ラウンド共15枚の在り来たりなスコアー

10mトラップ 5mWトラップは公表するに忍びない


結果は 勿論 最下位でございます

でも 今回は 少し期待も有りました

参加人数が トラップ フィールド合わせて11人

最後のあみだくじの確率が高いこと

おまけに今回の賞品は 松翁の濁り酒新酒


残り物には福が有ると信じて 最後に残った場所に名前を記入した

結果

頂きました

DSC02925.jpg

余りくじ運の良くない人なのですが 今回は何か予感が有りましたね

一般的に高知の酒は辛口の酒が多い(製品によるが 自分が買うのは酸度1.5前後 日本酒度3-5くらいが多い)が 濁り酒は甘くてアルコールド数は19度と高く ちょっと危険


次の帰省時に仲間で飲む時に使おうと思っている
プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR