甘酒




最近大分暖かくなってきたが 酒粕の甘酒を作っている

大抵 買うのはこの銘柄

理由は500gだから

他社は大抵300gで出しているが レシピはどこも 酒粕50hgに対して水200cc

酒粕500gだと半分量で水1000ccなので計算しやすいのだ

自分が良く訪問する甘酒のブログ ほっこり甘酒物語  を見ていると 糖分20%位が多いが 麹を使うとそのくらいになるのが飲みやすいのかもしれないが自分はどちらかと言えば 麹の糖分はアルコールにしたい口

麹が有れば味噌かシュワシュワ米ジュースにしてしまう

そんなわけで 自分の作る甘酒は 酒粕250g 水1L 砂糖150g 塩5g 生姜たっぷりで作る

砂糖を20%も入れれば 飲む時甘すぎて 喉を掘る(こちらの方言で 喉に引っかかる)感じがするのだ

最初酒粕を手で小さくちぎって鍋に入れていたが、溶け切らない事が多かった  それで今は 半分(250g)に切った酒粕をさらに4等分してミキサーに放り込み 水100ccを入れて30秒ほど攪拌してから鍋に入れている

さて

先日 少し残った甘酒を痛むといけないと思い 鍋を火にかけ 弱火て温めていたが 緊急の呼び出し電話を受け鍋を火にかけたまま外出してしまった

妻は朝から用事で外出しており 自分は火にかけた鍋をしっかりと失念していた

自分が出て30分後に偶然帰宅した妻から電話が入り その時やっと鍋の事を思い出した

危うく 先日の新潟の火事の二の舞をする所であった訳だ


鍋は真っ黒に焦げ付き 部屋には異臭は残ったが ラッキーなことにそれだけで済んだ


この件で 自分は ある程度料理など自活のできる人から 何かあると 自分の行動・注意すべきことを忘れる危険人物と言う評価に落ちてしまった


焦げた鍋は捨てようかと思ったが 自戒の念を込め スチールタワシで磨き上げ今も使っている

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに替えるまでは 甘酒を作るつもりだ



スポンサーサイト

春告げ魚

DSC00204.jpg


通勤時 川には沢山のシラサギ

魚を追って どんどん集まってくる

DSC00207.jpg


白魚 (正確にはしろうお) が上がってきていると確信した




連休 天気が良い

今日は小潮だが ゆっくり潮が満ちてくれた方が都合が良い

堰堤の切れ目で網を出す事にして 潮が満ちてくるのを待つ

KC4H0270.jpg

水の流れは左から右(海)へ

対岸にはいつも見かけるジジイは   居ない

潮が満ちてきて 上流へと流れが変わる

水面に目を凝らし 白魚の群れが通過するタイミングで網を出すが ちと遠い

1.8mあれば 堰堤の切れ目の半分は行くからと思っていたが 反対側ばかり通過する

三々五々やってくる白魚の群れに頑張って手を伸ばし

KC4H0271.jpg


1匹 2匹と網に入っていれば うれしい

欲を出し過ぎて 帰り道まで潮に浸かっていた


DSC00215.jpg



獲れた十数匹は卵とじにするか

踊り食いは...


苦手







整理




庭の作物や家の周りの燃えそうなものを鋸で適当な長さに刻み 庭に掘った穴に放り込む

スコップが刺さっている辺りが最初の穴

写真の穴は 2個目

庭に残っていた 大根、ブロッコリー、小松菜  裏の南天とアジサイ

すべて処分庭に掘った穴に投げ込む

と 言いながら ある程度間引きながら アジサイは植える場所を考えて移植

DSC00212.jpg


オルガノとローズマリー、タイムはこれでもかと言わんばかりに 短く刈上げ

DSC00208.jpg


DSC00209.jpg

残滓は庭の穴へ

数年後には 堆肥になっていることを願う








ナマコ



近所のスーパーに赤ナマコが安く出ていた

シーズンも終盤

カアチャンが見ていない隙に 買い物かごへ

軽く小言を言われるが 大きな障害なくパス


塩で揉んでぬめりを取り 口と尻を落として 腹を割り

KC4H0255.jpg

コノワタを残して薄くスライス

庭から ちびっ子大根を引っこ抜いて すりおろし

KC4H0256.jpg

レモンを絞って

ポン酢を落とし


DSC00062.jpg


寳剱の純米吟醸でいただきます


携帯の写真しかないのが残念

青にはない柔らかさ でもしっかりとした歯触り  

カキもそろそろ終わってしまう 早くカキ小屋に行かなくては

コノワタは軽く塩をして2日後かな






外郎



最近 山口方面の仕事が多い

帰りに つい買ってしまうのが 外郎

お気に入りは 山陽自動車道 上り線 佐波川サービスエリアのファミマで買う数井製菓の生外郎

なんてたって 一番安い

食べ比べていないので 他社との違いは分からない

元々が餡子好きなので 羊羹が好きなのだが 羊羹とは違ったねっとりとした食感も良い


帰宅後 お土産と言ってテーブルに置き トイレから戻ってきたら

カアチャンがすでに 抹茶餡を食べていた


自分は 残っていく 外郎を頂く

KC4H0253.jpg



調べてみると 山口の外郎は ワラビ粉を使っているらしい そのため他の地域のとは違い ねっとりとした食感になるようだ

機会が有れば 美堀堂 で出来立てを食べてみたい




プロフィール

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への防備録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。

以前linkを戴きお世話になった皆様、突然の閉鎖でご迷惑をおかけしました。今後ともよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR