寿命



社会人となって 初めての海外出張の時に買ったキャリーケース

SAMSONITE OYSTER

初期型で30年間使用した

先日の 長女の結婚式にも家人の荷物と自分の荷物を詰め て活躍してくれたが

ついにご臨終と相成った

前兆は全く無し 高知空港に帰り着き 駐車場へ向かう途中 急に重くなって

おかしいと思った時には 車輪の1つが脱落していた

一体成型の車輪軸受が剥がれるように分離 加重のかかるところなのでキャリーケースとしては致命傷

近日に迫った中国出張に使うつもりだったので 慌てて エポキシで固めてはみたが

DSC00973.jpg

動作確認に粗大ごみを入れて集積場へ向け歩き始めて5mで車輪がもげた(取れた)

愛着は有ったが そのまま粗大ごみ置き場に置いて帰ることになった

この30年で修理に出したのは 1回だけ

このタイプは2輪なので車輪との対角に有る収納式ハンドルを起こして動かすがハンドル部が壊れ ハンドル交換を行ったのみ 値段は無償だったと記憶している

ネットで調べると 修理する所が有るようだが カバンとしてはすでに老衰の域にあるこのケースを延命治療してのメリットはあるか?

日頃 家人とはもし病気が見つかって生命の持続を選択しなくてはならない時には 無駄な延命はすまいと決めている

持ち物にしても然り



この30年を共に出来たのは母ちゃんとこのキャリーケースだけだった

長い間 ありがとう



でも差し迫った 中国出張3週間にキャリーバックをどうしようかと少し焦っている

おそらくこれがリーマン最後の海外出張になるのではないかと思うと 高価な有名メーカーのキャリーケースは買いたくない

プライベートで海外旅行は 真っ平御免



しかし中国3週間はちと長い



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR