上海を歩く



3週間の予定で訪問した上海

やっと最初の週末を迎えた

天気は曇って今一つ 

暑くは無いが 雨を用心して雨傘を用意した

今回の予定は 豫園(YUYUAN) 南京東路  外灘(BUND) 

豫園(YUYUAN)まで電車で行き 南京東路に戻って外灘に行く予定

電車に乗ろうとしたらチケットの買い方が分からず 隣のヨーロッパ系のお兄さんに買い方を教えてもらった

ネットを調べれば買い方が出ているが スマホを持ていない自分は 地図と言葉が頼り

地元民に英語で聞いても まともな返事は帰って来ない

運賃は4元なので100円未満


豫園駅を出ると人の流れは右へ流れるので何も考えずついて行く

対岸の電波塔は思ったより近い

DSC01102.jpg


雨は降ったり止んだり お土産が立ち並び それらしい雰囲気の場所ではあるがはたしてメインの場所はどこか?

賑やかな所を雨を避け歩いているといきなり池の前に出た

DSC01077.jpg


池の中にジグザグの橋 ここが目的の豫園

雨が強くなり 30元を払って庭園に入るか悩んだが 結局入場せず 食事で天気が回復するのを待とうと言う作戦

小籠包を食べたいが 

DSC01095m.jpg

長蛇の列

雨は激しく降ったり止んだり

雨が降れば学校を休んでいた自分としては いかに美味くても並ぶ気持は全く無い

それならばと 近くの店で 小籠包ならぬ 大籠包を購入

DSC01089.jpg


ストローを差して用心しながら中の出汁をすする


DSC01090.jpg


できたてではあったが 猫舌の自分でもなんとかゆっくりと味わえた 料金は20元


ここから 外灘(BUND)はそう遠くは無いが 雨の中を歩きたくないので 当初の予定通り南京東路まで電車で移動

ここで一つトイレ事情の説明を入れたい

ホテルでも基本 紙は流さないらしいが 自分は日本から持ってきたトイレットペーパーを使い流している

当然 ウォシュレットは無い

ちょっと前まではパブリックのトイレは ニーハオトイレと言って地面に穴が空いているだけで仕切りも無いという印象だったが再近は問題無いのでは? 駅のトイレは

DSC01103.jpg



DSC01104.jpg


紙は一応 用意してね



トイレの話題を出したのは

南京東路を歩いていて 結構人通りが多く感じとしては原宿 でも パチ物の客引きと同じくらい その辺で子供に
オシッコをさせる親が多い  偶にウ●コも

今 自分にとって一番の恐怖は 腹を下すこと

ゴミ箱に一杯の汚れた紙を想像すると....


また ベンチや縁石に座り 下着丸見えの妙齢の女性が多いと感じると共に ファッションなのかブラの透けて見える様な服の女性もいた 

国民性なのかあまり人の目を気にしないのかなぁ

極力 見ないようには務めるが    つい目が追ってしまう


お昼には 月餅を求める列ができるし 歩行者天国のカフェではサンドイッチが50元とかビール40元とかちょっと予想外

そんな訳で 普段 興味は有っても 中々食す事の無い屋台のお肉に手を」出してしまった

DSC01112.jpg

看板を見て

DSC01109.jpg

値段を確認し

DSC01110.jpg

現物を見る

今回

DSC01113.jpg

メニュー一番上の 砂肝焼きを注文 

カレーと胡椒でかなり刺激的な味

生の部分は無く 美味しく頂けた

羊も食べたかったな


続く





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR