シンセティック銃床の手入れ



現在 使っているシンセティック銃床の銃は1丁

ブローニング(ミロク)のXボルトだ

許可が出て3年8か月

丁寧に使っているつもりだが 失敗したなと思う事が有る

それは銃床がやたら汚くなったこと

木の枝に当たり 抉れた(エグレタ)ような傷が入ったことは有る

しかし それはまだ許せる

許せないのは 表面がベタベタとして柔らかくなってしまった事

銃ケースや袋の繊維がやたらくっ付いてくる

例えるならば オナモミや センダングサなどが服に着いたような不快さだ


元々ブローニングXboltのシンセ銃床はデュラタッチと言う処理がされているので 滑りにくい しっとりとした感じだ

もう少しさらりとした感触と艶だしを兼ねて  アーマーオール  をスプレーし ウエスでふき取り 奇麗になったつもりだった

アーマーオールは車のタイヤを交換するときに使っているのでゴムやプラスチックの艶出しにはぴったりのはずだった

がっ

つるつるとした手触りを予想していたのが何故か粘着質な手触りに

おまけに 表面が柔らかくなった感じで

DSC01899.jpg

強く手で擦ると 表面が剥がれ落ちてきた

ガンロッカーの出し入れで 少しぶつけると

DSC01900.jpg

傷がああああああああ!



思い起こせば 散弾銃に着けていたドットサイトの表面が溶けてきたため使うのを止めた事が有った

タスコの安物だったからだと思っていたが

これも アーマーオールをスプレーしたことが有った

DSC01901.jpg

引っ張りだすと 指紋は着くし てが汚れるので触りたくはないが 

すごい状態

ドットサイトは表面にゴムの様な物が貼ってあるような作りの為 経年変化かも知れないし

ちなみに ウチの機械に使っているアメリカ製のスポンジエアーフィルターは何年も使っていると ボロボロと崩れだし ひどくなると黒いタール状の状態になるし


全てアーマーオールを使ったからとは思いたくないが  ブローニング以外のシンセ銃床はどうなんだろう?



説明書には銃床の手入れについての記載は無かったと思うし 水洗いかぬるま湯に留めておくのが無難だったかと思う




ちなみに他の木製銃床の3丁はアーマーオールを使っても問題無かった 
いや ピカピカになったと言っておく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

加水分解らしいです。

デビラ様ご無沙汰です。
ラバーコーティングの表面劣化する加水分解らしいです。
自分もレーザー距離計の表面がベタベタになりました。
どうしても元に戻らないので無水エタノールで表面の
ラバーコーティングを除去してサラサラにして使っています。
詳しくは「ラバーコーティング」「加水分解」で検索してみてください。

Re: 加水分解らしいです。

18shotgun様
情報ありがとうございます。
登山靴はウレタンの加水分解でべロンと底が剥がれて修理したことが有りましたが、まさか全天候のシンセ銃床が加水分解とは想像できませんでした。ズボラな自分にぴったりとシンセ+ステンレス銃身にしたのが裏目に出たようです。
銃床を思いっきりアルコールで洗浄します。
プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR