故障




自分にとって 最初の銃

チョーク交換で臨機応変に使える28インチのスポーツ銃

15年使って初めての不具合

先月から何度が初矢で不発が有ったが乙矢(上側)に入れれば発射出来ていた

初矢の不発が多くなりついに入院となった

競技に参加するにあたり不発は有ってはならない

不発の場合はそのままの姿勢で10秒以上待って機関部を解放する

これが続くと撃っているいる本人のみならず 射団全員の集中が切れてしまう

結局1ゲーム25発で3回の不発が出たことで銃を修理に出すことにした


雷管のへこみを見ると不発の時はへこみは小さく 雷管を叩く力が無いことが分かる

雨の日も使った後あまり手入れをしていなかったから撃芯が錆びてしまっていたのかも知れない

電話で確認すると修理が終わっているらしいのでなにが起きてきたかを知るのは次の射会に合わせて持って来て頂いた時に聞くしかない


雨の日に使っても銃身や表面は拭いても 機関部はバラさないので錆びや汚れが撃芯周りに着いたか?

台尻には射撃ベストに引掛りにくくするためテニスラケットのエッジガードを張っている

最近幅2cm程の幅広なエッジガードが手に入らず 剥したくないので機関部見ていなかったからなぁー

撃芯もすり減っていくと言うから 15年目のオーバーホールと言う事で...







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR