FC2ブログ

発報されてしまった

山で 「 ガサドン 」 されたと言う話ではありません


7月は3桁近い残業をこなしておりまして 自宅での昼夜を問わずの事務作業を加算すればいかほどになるか....


某事務所での事

作業を終え 深夜に車から荷物を降ろそうと近くの事務所に寄り

事務所のカギを開け

中に入ると

「 ピー ピー ピー 」

警報が鳴った

うちの会社は 某警備会社と契約が有り どの事務所も

DSC02700.jpg

の警備システムが動いている

無人の事務所に入って この音が鳴らなければ 最後に出た人間のセットし忘れだ

焦ることなく 解除キーのあるべき場所を探すが 見当たらず

ここで一気に焦りだし 兎に角 明かりを全部点灯した

再度 あるであろう場所を注視するが 痕跡無し

おもむろに 自分が持っているカギをキーケースを開いて見比べたりするが(4か所の事務所のカギと一部解除キーを持っている)
 
意味のない行動

場所を移したのかと思い 事務所をぐるぐる歩き回ったが ここでタイムアウト

警報音が一段と大きくなり 外のオレンジの明かりが点滅時始めた

DSC02701.jpg

こいつね


探すのを諦め トイレに行き

改めて 

あるべき場所をぼんやりと眺めると

チャンと有るではないか

運転眼鏡では近くが見えず 眼鏡を外すと1m先はコントラストのない世界

それでも何か狐か狸に化かされた気分

警報を解除して 警備会社に連絡を入れた


すでに 警察に連絡を入れたとの事だったので

ジタバタせず 荷物の片付けとごみの整理を始めた

15分程 経っただろうか  外で赤いものが光る感じがしたためドアを開けると

警官3人が 隣の真っ暗な化粧品会社事務所の周りを確認していた

「 こっちです 」

と声を掛け 事情を説明

そこで 警備会社到着

警察に会社の身分証を出すが 英語表記のためか 一べつして免許証の提示を求められた

何十年振りかの ゴールド免許を提示し

自分は怪しい人間ではない事を力説した

警察が帰った後 警備会社の人間に再度会社の身分証と免許証を提示

会社のポストに訪問理由の紙を入れて警備会社の人間も帰って行った


やはり緊張していたのだろう 後から自分の言動を思い出すと とても怪しい


それよりも 解除キーを見ていたかもしれないのに気付かなかった自分が悲しい

深夜に事務所に行くのは もうやめよう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

debira

Author:debira
定年という言葉に反応し始めた技術系のサラリーマンです。
最近ちょっと記憶が..という事が多くなって来ました。
自分への備忘録を兼ねて日々の生活で行ったこと、感じたことをメモしていきます。
趣味の一つである狩猟・射撃に関しては刺激の強い内容となることがあります。
2017年5月からまさかの高知へ転勤。おそらく最後の転勤生活を楽しみたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR